STAFF BLOG

栃木県の結婚 ~結婚と和装、ドレスの結marry~

2013-10-07

栃木の結婚の引出物では「赤飯」と「鰹節」は欠かせないそうです。

また披露宴には実家の近所の方を招くことが多いです。

 

 

前回は和装の白無垢について案内させて頂きましたが、今回は色打掛についてお話しさせて頂きます

ut402gr-03

 

色打掛の装いは 室町末期から江戸時代にかけて、着物の上にもう一枚別の着物を羽織る打掛姿が武家の女性の正装でした

絢爛豪華な和装 打掛は、やがて裕福な町人達にも普及しました

 

本来は白無垢と同格の礼装で挙式にもふさわしいものですが、神聖な儀式に臨むという思いから

挙式には白無垢を、その後披露宴で色打掛を希望する花嫁が多くなりました

 

ところが最近の傾向としては、挙式でも白無垢ではなく絢爛豪華な色打掛の人気も出てきました

神聖な神前式  清楚な白無垢 絢爛豪華な色打掛  貴方ならどちらにしますか・・・

 

 

     栃木で結婚を考えの貴方も  ~結婚と和装、ドレスの結marry~

 

 

 

 

 

 

 

076-256-3341076-256-3341