STAFF BLOG

友禅染めの打掛ご紹介

2014-12-17

本日も 結marry ブログをご覧いただきありがとうございます!!

前回に引き続きまた金沢にちなんだお話ですが…(^^;)

金沢と言えば!?

『加賀友禅』

皆様聞いたことがありますでしょうか?

”友禅”とは着物の染めの技法の一種で、一つ一つ手描きで模様を描くというとても繊細で、格調も高いものとされています。もちろん加賀以外にも、京都・東京など、各地で友禅の技法は広まっております。

 

そこで今回は、そんな素敵な友禅染めの打掛をご紹介いたします♪

 

UT109_絵柄

染めの技法で、細かく色鮮やかに四季草花が描かれており、繊細さも感じさせつつ、多彩な柄行にインパクトも感じる打掛です。

金彩(箔置き)が施されているので加賀友禅ではございませんが、花嫁が着る打掛なので、染めの格調高さとゴールドの華やかさが融合された格別な逸品です!!

 

UT109_01 UT109_03

 

そして何より…染の打掛は、織りの打掛より軽いです!!(笑)

皆様、是非体感してみてください(^皿^)

 

 

(スタッフM)

~結婚が決まったら…。和装とドレスの 結marry ~

076-256-3341076-256-3341