STAFF BLOG

花婿さんの和装 ~種類と家紋~

2014-05-01

花嫁衣装のいろいろな種類については前にお話ししました。

 

今回はもう1人の大切な主役(!!!) 花婿さんの和装衣装についてです。

 

 

江戸時代には武士や地位や家柄の良い人しか着れなかった紋服。

それが近年では男性の正装として着られるようになりました。

 

 

本来は黒羽二重に5つ紋を白く抜いた着物に、仙台平の袴が正式なものです。

 紋付(黒)

 

 

最近では花嫁衣装に合わせた華やかさを出すために、黒以外の着物・羽織や柄やグラデーションの袴などが

人気となっています。

花婿さんも華やかにいきたいですよね(^-^)/

紋付(青)

 

 

写真でみても結構目立っている「家紋」。

ご自分の家の家紋が何かわからない…という方も今では多いのではないかと思います。

 

この機会にご自分の家の家紋を知っておくのもいいのではないでしょうか。

見覚えあるなぁという方もいらっしゃれば、「え!こんな紋!?」という方もいらっしゃるのでは??

 

結婚式で 自分たちは気にならないのでそのままの紋のものを着ていたけど、ご家族やご親戚などに言われた…

などという話も聞きます。

 

 

レンタルの紋付には一般的な紋がつけられていますので、ご自分の家紋にするために貼り付けれるものもあります。

結marryでも別途お受けしておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

 

 

 

~結婚が決まったら…。和装とドレスの 結marry ~

 

076-256-3341076-256-3341