STAFF BLOG

静岡県の結婚のしきたり  ~結婚と和装、ウェディングドレスの結marry~

2013-11-01

静岡県は山あり海ありのエリア。

山あり海ありで結婚 式でも地元静岡をアピール!

引出物では「鰹節」や「お茶」を使った引菓子が定番。料理も海産物をたくさん取り入れた和洋折衷が多いです。

地元愛が強く、県外から来たゲストにも静岡をアピールします。

 

 

今日は和装の花嫁の基本の歩き方をお話しします。

 

打掛や、引き振袖などの和装の花嫁は小さめの歩幅でゆっくりと歩きます。

戸外や長い距離の場合は、専用のベルトなどで打掛を留め、からげて歩きますが、室内などでは褄をとって歩きます。

 

褄には端という意味があって、着物の左右両端の褄下の部分のことです。

左右の位置を合わせてこの部分を重ね、右手でしっかり持って、左手を添えて歩くのが基本の歩き方です。

この方法で自分で持つのは無理なので着付けの方か、介添えさんが持たせてくれます。

 

持たせてもらった褄をとって優雅に歩く花嫁を目指してください。

 

 

静岡で結婚を考える貴女も・・・

                       ~結婚と和装、ウェディングドレスの結marry~ (スタッフM.Y)

 

 

 

 

 

 

076-256-3341076-256-3341